ホーム > メーカー・生産者一覧 > 勇和水産

岡山県・笠岡市北木島

勇和水産

親子三代で守る美しい郷海と牡蠣

勇和水産

瀬戸内の穏やかさと透き通るような海で育つ『喜多嬉かき』。親子三代で紡ぐ、おいしいものと島の文化。

石の島…北木島

岡山県笠岡市北木島。すぐに先に行けば、広島県、愛媛県、香川県との県境。北木島は古くから良質な「花崗岩(かこうがん)」の産地として有名で、銘石『北木石』と称され、大阪城の石垣、東京の靖国神社の大鳥居や石灯篭、日本銀行本館など格式の高い建造物に使われてきた。現在では、石の島として日本遺産として認定され、歴史観光スポットとなっている。その北木島で代々漁業を営んできたのが、今回伺った勇和水産さん。北木島周辺海域で、定置網で獲れる海産物を島外へ出荷している。

透き通る海

透き通る海

北木島海域は、瀬戸内海で全域をおける有数の海浄地域。透き通るように美しく、プランクトンも豊富に生息するこの海域は、牡蠣の生息にとって最高の環境である。そこに現代表の藤井さんが着目し、牡蠣の養殖にトライ。現在では、年間150トンの出荷を誇る。

北木島海域は、瀬戸内海で全域をおける有数の海浄地域

喜多嬉かき

北木島の「北木」にあやかり、『喜び多く、嬉しいかき』と書き、『喜多嬉かき』と命名。縁起のよい『喜多嬉かき』を喜びが多く、嬉しい食卓・宴席につかって欲しいとの想いがこもっている。

喜多嬉かき

牡蠣本来の旨味

味の特徴は、海のほどよい塩味と旨味成分が合わさり、また次の手がのびる。調味料は必要ない。

牡蠣本来の旨味

喜多嬉かきの旬は11月〜3月。最盛期は写真のように牡蠣がどっさり。

牡蠣がどっさり

丁寧に加工

島の雇用を守るために、地元の方を積極的に採用。きめの細かい作業で、殻に付着した海泥などを丁寧に除去していく。実際に商品を見ると、とてもきれいな状態である。

循環型農法

安心・安全への取組

年間150トンを超える水揚げに対して、安心・安全で美味しい牡蠣をお届けするために、独自の検査基準を設けています。

/綣糎〆此〃遑寛鵑凌綣糎〆困鮗損

規格検査
週2回(月8回)滅菌前の牡蠣に対し、ロットごとの抜き打ち検査を実施。県外の検査機関で実施。通常は月1回程度

出荷前滅菌処理
さらに出荷前に最新の滅菌装置で浄化を行うことで、品質や味に変わりのないまま安全性を向上させています。

安心・安全への取組

海を守り続けるために…

海洋環境の保全活動として海底のゴミや漂着物の回収など、自主的な清掃活動を行っている。また次世代の漁師の育成もために尽力されている。美しい里海を残すために少しずつ礎を築いている。

海洋環境の保全活動として海底のゴミや漂着物の回収など、自主的な清掃活動を行っている勇和水産

生産者概要Producer overview

生産者名 勇和水産
代表者 代表 藤井和平
所在地 〒714-0301 岡山県笠岡市北木島6631-23
電話番号 0865-68-3751
ウェブサイト https://kitaki-kaki.com/ja/
生産品目 牡蠣

この生産者の商品Item list