ホーム > メーカー・生産者一覧 > トリゼンフーズ

福岡県・博多

トリゼンフーズ

世界に『うまか』を届ける

トリゼンフーズ

全国的に知名度がある「博多水たき」を中心に、養鶏から販売、そして主要都市に水たき料亭「博多華味鳥」を構えるトリゼンフーズ。

九州育ちの華味鳥

1949年福岡県博多区の吉塚商店街にて鶏肉の卸販売を開始した創業者の河津善陽さん。店頭での販売のほか飲食店へ鶏肉を配達する際にその盛況ぶりを目の当たりにし、小売りだけでなく水たき屋をはじめる。鶏肉を美味しく提供することに注力し、そこで気づいたのは、美味しさの秘訣は原点である鶏自身である事。こうして自ら鶏の飼育に携わり、1988年に銘柄鶏『華味鳥』が誕生した。

創業者:河津善陽
1949年福岡県博多区の吉塚商店街にて鶏肉の卸販売を開始した

華味鳥(はなみどり)

華味鳥は肉色がみずみずしく、もも肉は華やかなピンク色であることから『華味鳥(はなみどり)』と命名された。鶏肉特有の臭みが抑えられ、はっきりとしたうまみと歯ごたえがあるのが特徴。名物の水たきに限らず、揚げたり焼いたりなど調理法を選ばず、幅広く使えるのが特徴。

華味鳥(はなみどり)

看板商品 博多 水たき

実は、西洋料理と中華料理の両方にルーツがあり、コンソメと中華料理の鶏の水煮を日本人に合うように工夫したことが起源とされている。まずスープ、次にお肉。そして、つくねや野菜、豆腐などの具を煮て、すべての具材の旨味が染み出したところで麺や雑炊で締める。まるでコース料理のような流れでいただくのも、博多 水たき ならではの特徴。 九州産華味鳥をじっくり炊きだした鶏がらと丸鶏の旨みを重ねて炊き出す「鶏かさね炊き製法」で製造した自慢のスープで食べるのが博多華味鳥の水たき。店舗に提供するスープと同じ釜、同じ素材、同じ製法にて炊き出したスープを使用することで、料亭の味をご家庭で楽しむことが出来る。

看板商品 博多 水たき

飼育は九州北部に限定し、澄んだ空気とたっぷり陽光が降り注ぐ解放鶏舎で育てている。海藻やハーブ、ぶどうの絞り粕や木酢液などと共に、腸内環境を整える飼料を与え健康的に、そして大切に育てている。

大切に育てられている

うまかの命は鮮度

養鶏場から届けられた健康な鶏を早朝より加工。安心で新鮮な鶏肉を日々生産している。

養鶏場から届けられた健康な鶏を早朝より加工
トリゼンフーズ株式会社 養鶏場

生産者概要Producer overview

生産者名 トリゼンフーズ株式会社
代表者 代表取締役 河津英弘
所在地 〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代1-8-13
電話番号 092-643-8703
ウェブサイト https://www.torizenfoods.jp/
生産品目 博多華味鳥商品

この生産者の商品Item list